目まいや耳鳴りが起こるのはなぜ? 内耳炎の症状・原因・治療方法

目まいや耳鳴りが起こるのはなぜ? 内耳炎の症状・原因・治療方法

こんな医療記事、見たことない!
この記事は、日本一分かりやすい内耳炎のコンテンツを目指して作成しています。一般の方には必要ない専門的な情報を省き、図やイラストを多用することで、サッと読むだけ(赤太字だけを読めば、1~2分で概略が分かる。)でも理解できるようにしました。医師監修のもと、信頼性の高い情報のみを取り上げています。

目まいや耳鳴りが起こるのはなぜ?

鳴りがして頭がぐるぐる回るような目まいがする。このような症状は内耳炎が原因かもしれません。

内耳炎とは、聴覚やバランス感覚をつかさどる内耳に炎症が起こったもので、多くの場合は中耳炎など、別の疾患から波及する形で起こります。

この記事では、内耳炎原因症状治療方法について、イラストや図を使って分かりやすく解説します。

内耳炎とは

内耳炎とは、耳の奥にある内耳に炎症が起こることによって、聴覚や体のバランス感覚に異常をきたす病気のことです。

  • 中耳炎から感染したものを中耳炎性内耳炎、髄膜炎から感染したものを髄膜炎性内耳炎、血液を介して感染したものを血行性内耳炎という。
  • 内耳とは耳の一番奥にある器官で、聴覚を担う蝸牛とバランス感覚を担う前庭で構成されている。
耳の構造(内耳炎)

内耳炎の症状

症状一覧

内耳炎によって現れる症状を一覧できるように図にしました。

内耳炎の症状

症状の現れ方

内耳炎の症状は、大きく、聴覚に関するものとバランス感覚に関するものの2つに分かれます。炎症の起こる部位によって、単独でおきることもあれば併発することもあります。

症状

症状の現れ方

難聴や耳鳴りが起こる

聴覚症状としては、難聴や耳鳴りが起こります。

plus

回転性の目まい

バランス感覚に関する症状としては、回転性の目まいが現れます。

吐き気・嘔吐

症状が悪化すると、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

関連疾患

急性中耳炎・慢性化膿性中耳炎・真珠腫性中耳炎・髄膜炎・麻疹

内耳炎の原因

内耳炎は、内耳に炎症が及ぶことによって発症します。発症までの流れを詳しく見ていきましょう。

原因

原因と発症までの流れ

原因疾患の発症

多くの場合、他の疾患から波及して発症します。原因疾患としては、中耳炎や髄膜炎 、麻疹(はしか)などがあげられます。

内耳に炎症が起こる

原因疾患を引き起こしている細菌やウイルスが中耳(中耳を図で見る)と内耳(内耳を図で見る)を隔てている内耳窓(内耳窓を図で見る)を介して内耳に入り込み、炎症が起こります。

or

血液中の細菌やウイルス

血液中の細菌やウイルスが内耳まで達して炎症を引き起こすこともあります。

内耳炎の検査・診断方法

疑わしい症状が見られた場合、どのようにして内耳炎かどうかを判断するのでしょうか? 病院での検査・診断方法を紹介します。

診断

聴力検査

難聴の症状が出ている場合には、聴力検査を行います。

平衡機能検査

目まいの症状がある場合には、平衡(へいこう)機能検査と呼ばれる検査を行い、三半規管や視覚、深部知覚(目を閉じていても手足などの位置を把握する働き)などが正しく機能しているかを調べます。

plus

画像検査

頭蓋骨のCT検査を行い、耳の骨に異常がないかどうかを調べます。脳の感染がないかを確認するために、MRI検査を行うこともあります。

内耳炎の治療方法

内耳炎の治療は基本的には原因疾患の治療と並行して、内耳の炎症を抑えるための処置を行います。ここでは、内耳の炎症に対する治療方法を紹介します。

保存療法

内耳の炎症に対しては、薬物を投与する保存療法が基本となります。

保存療法

薬物療法

抗生物質やステロイド剤などを投与します。内耳の機能が低下している場合には、神経賦活薬やビタミン剤を処方することもあります。

手術療法

内耳に膿がたまっている場合には、膿を出すために鼓膜切開手術を行います。

手術療法

鼓膜切開術の流れ

麻酔

弱電流を流すことで耳の中に注入した麻酔液を浸透させるイオントフォレーゼという方法で麻酔を行います。

鼓膜切開

鼓膜を切開し、たまった膿を排出します。

or

乳様突起削開術

鼓膜切開をしても改善しない場合、耳の後ろの骨をすべて摘出する乳様突起削開術と呼ばれる手術を行うこともあります。

手術費用

内耳炎の手術は健康保険の適用となるため、70歳未満で国民健康保険に加入している場合、自己負担額は3割です。ここでは3割負担の例で紹介します。

費用
  • 鼓膜切開術(片側):2,300円
  • 鼓膜切開術(両側):5,000円

※手術費用以外に、検査料・再診料・術後の薬剤料、入院の場合には入院料が別途発生します。

まとめ(病気に気付いたら)

病気に気付いたら

放っておくと

内耳炎による難聴は治りづらく、一度悪化すると改善することが困難です。治療をせずに放置した場合、日常生活に支障をきたす恐れもあります。

症状に気づいたら

耳の痛みに続いて、耳鳴りや難聴、目まいが起こったら、早めに耳鼻咽喉科で診察を受けてください。